竹松えり氏(長野県飯山市のソプラノ歌手)出演コンサート開催


 

 

竹松えり氏(長野県飯山市のソプラノ歌手)出演コンサート

 

 8月4日(金)午後6時半から東京・駒場エミナース大ホールで開かれた「カニコラ・ディカントーリ」(歌手たちの真夏)

で、飯山市在住のソプラノ歌手・竹松えり氏がヴェルディ作曲のエルナーニより「連れて逃げて」ほか3曲を歌い、

観衆を魅了した。

 竹松氏はアンサンブル・レオーネの榊原氏の知り合いで、今年4月23日(日)のレオーネの「ドイツ訪問記念演奏会」

にもはるばる聴きに来て下さった方である。

 当日は渡部東吾氏門下の歌手の方々が出演する演奏会で、500席のホール一杯の聴衆がつめかけた。

レオーネも指揮者の唐沢先生をはじめ、榊原氏、飯村氏夫妻、荻原・伴・山下他が集まり、

また吉川市の合唱連盟の会田会長ほかも来場された。

 竹松氏はメンバーの中でも一番多い4曲を歌い、グループの中でも最も優れた歌手に見受けられた。

 歌った曲目は次の通りである。

 

  「馬車」(別宮貞雄作曲・三好達治作詞)

  エルナーニより「連れて逃げて」(ヴェルディ作曲)

  「甍のうへ」(山岸智秋作曲)

  仮面舞踏会より「ここがその場所」(ヴェルディ作曲)

 

 竹松氏の歌は完成された歌手の雰囲気を持つ、堂々としたもので、観衆から大きな拍手が沸いた。

信州大学の音楽の竹松氏の先輩でもあるレオーネのテノール・荻原氏も何度も大きくうなずいて

竹松氏の演奏を称えていた。

 また上野混声合唱団・上野男声合唱団団長で最後の合唱にも出演された吉川喜也氏も「思わず大声でブラボー

を言ってしまった」と感激して話しておられた。

 私も当日のヴェルディの「レクイエム」の練習を欠席して来ただけの価値はあったな・・・と竹松氏の演奏に

心から満足した。

演奏会は2時間15分の8時45分に終わり、帰りは聴いた仲間で駒場東大前駅前の小さな中華料理屋で喜びの

祝杯を挙げて千葉県まで帰った。 (H.Y 記)

 

         
               
         
               

 

 

                  

 


 


HOME


Ads by TOK2