JORDAN会第5回合同演奏会・合同練習始まる


 JORDAN会第5回合同演奏会・合同練習が始まる

 

           

 来年1月28日(日)に森のホールで開催が予定されるJORDAN会第5回合同演奏会の練習が始まった。

 去る10月8日(日)の13時半から第1回の練習会が取手文化会館小ホールで開かれた。

 当日は天高く晴れやかな日であったが利根川の土手には季節はずれの強い風が吹き抜けていたが、小ホールは

JORDAN会のメンバーで座る席も不足する状況であった。

 練習は唐沢先生の指導で「月光とピエロ」を一通り行い、またアンコールで予定されている「からたちの花」と

「斎太郎節」を練習した。

                                      

 練習風景はケーブルテレビ社のJ-COM社がビデオ撮影し、放映することで大いに盛り上がっていた。

練習は午後4時まで続けられ、第1回を終えた。

 次回は11月11日(土)13時30分から取手白山公民館で行われるが、引き続き全6回が予定されており、本番に

備えることとなる。

                 

 本番に出演するためには最低3回の練習出席が義務付けられている。

 尚、J-COM社は各団の取材も行う予定で、アンサンブル・レオーネは12月2日(土)の湖北台東小学校での

 練習に撮影を受ける予定である。(H.Y記)

            

 

    JORDAN会の演奏会の予告記事がJ-COMの番組お知らせ12月号に掲載されました(下図)。

   演奏会までに、各団への取材・撮影も計画されています。

            

 



HOME


Ads by TOK2