ドイツ演奏旅行【総集編ーNO.1】      


                                                      WS2007のホームページ                 

 平成19年9月21日〜10月1日まで、二宮氏の小グループによるドイツ演奏旅行が開催された。

  二宮氏はこれまで、東京リーダーターフェルの公式訪問4回、レオーネや洋光台男声合唱団の2回の

  訪独演奏旅行の御世話をされ、さらに小グループの訪独を3回実施して、

  ドイツとの交流を維持して来たとのことです。

   今回は、小グループによる訪独4回目(WS2007=再会ツアー)として、演奏旅行が企画されました。

  今回の形式は、主に各地の合唱団にパーティーを開いてもらい、そこで歌の交歓をするというもので、

  事前に5回のリハーサルが行われています。

   今回の旅は専用バスではなく、重いトランクを持った鉄道の旅となりましたが、駅に着くとホームに

  現地の合唱団が迎えに来てくれていて、駅から各家庭には、車でトランクごと連れて行っていただきました。

   主な旅程はミュンヘンのオクトバーフェストを皮切りに、ライプチヒ、ベルリン、キール、ハノーファー、ヴァルトミッヘルバッハと、

  主に北ドイツの5合唱団を訪ねました。

   いずれもレオーネで訪れたリムブルク、フォイヒト、アウクスブルク以外の都市となっていて、

  レオーネの3名にとっては、初訪の地でしたが、各地で大歓迎を受け、感動の連続の旅となりました。 (Y.I 記)

 出発 〜 München(ミュンヘン)       

成田発12:25LH715便は定刻に出発。 ミュンヘンのホテルでBerlin リーダーターフェル4名
が出迎えてくれました。アウクスブルク合唱連
盟会長ご夫妻も来られ、一緒にホフブロイハ
ウスで食事を取りました。
長い長い最初の一日、団員は寝不足で疲
れ気味です。
ミュンヘンのオクトバーフェストは1日約30万人
が訪れます。ドイツ人がそれぞれの民族衣装
を着て、パレードを見て楽しみます。
半年(?)も前に予約したテント小屋も超満員。
1リットルビールを飲んで、のってくると民族衣
装を着た人がテーブルの上で踊ったりします。
ミュンヘン発15:22のICEでLeipzigに向かいま
す。ICEは日本の新幹線。時速250km位のス
ピードで走ります。

 

 Leipzig(ライプチヒ)

19:42欧州で最大のLeipzig駅着。里親がホー
ムに出迎えご対面。ホテル組も引き取られ
ました。
里親宅では、それぞれ暖かく迎えられ、夕食
を共にしました。夕食後は英語、ドイツ語、
日本語ちゃんぽんで話したり歌ったりして過
ごしました。
翌日は、Leipzig-Nordと一緒に大型バスで、
蒸気船遊覧、ドレスデン観光に出かけました。
1732年に完成した、ドイツのバロック建築を
代表するツヴィンガー宮殿を散策。
ドイツ最大のプロテスタント教会であるフラウ
エン(聖母)教会。
夜は、Leipzig-Nordがふだん練習会場に使って
いる場所でパーティが開催され、お土産品の
贈呈、歌の交歓などが行われました。

 

    昼食のレストランで・・・

 

 

 Berlin(ベルリン)

      ← 10:17ベルリン中央駅で里親に付き添われ、乗り換え電車を待つところ。

2階建てバスで半日市内観光。バスの上部は
屋根がなく、景色を見るには最適です。
1980年、ベルリンリーダーターフェルが来日した時
の歓迎の幕などがパーティ会場の壁に飾ら
れていました。
古い宮殿のような建物の中でパーティが開
始しました。Berliner Liedertafel は、2010年
来日する予定です。
Ein Projitを歌って乾杯し、しばらくすると
歌の交歓が始まりました。Berliner Liedertafel
の力強い歌声が会場に響きます。
我々は「婆やのお家」「荒城の月」などを歌
いました。パーティは夜遅くまで続き、里親宅
、ホテルに戻りました。
25日朝、ベルリン駅には里親たちが見送りに
来てくれました。9:18発ICE1516で、ハンブル
グ経由でキールに向います。

 

 Kiel(キール)

12:36キール駅着。この駅も天井が高く大き
い。
駅で待っていたのは北欧風の気品を感じさせ
るご婦人で、紺色のゴルフで、自宅まで連れ
て行っていただきました。
午後、Marine-Ehrenmal (海軍記念館?)へ散
歩に出かけました。
レストランで里親たちと一緒に食事を取りま
した。
窓からは海が見える浜辺のレストランで、
開放感があります。
夕方、受入れ合唱団のCHOR KRONSHAGEN
の練習風景を見学しました。1週間後に演奏
会を予定していて熱の入った練習が行われて
いました。

 

  Next Page (No.2)

 

  このあと後半は、リューベック観光、キールのパーティ、ハノーファー市庁舎訪問、ブレーメン観光、ハノーファーのパーティ、ワインハイム

 散歩、ヴァルトミッヘル・バッハのパーティ、フランクフルト空港から帰国 と続きます。

  後半は、Next Page(No.2)  をクリックしてお楽しみください。

  

                                       

                



HOME


Ads by TOK2