ドイツ演奏旅行【総集編ーNO.2】


                                                      

 

 Lübeck(リューベック) 観光      

リューベックのシンボルとなっているホルステ
ン門は15世紀に建てられたとのこと。建築中
から地盤の弱い地中にめり込んで塔は傾い
ています。
町の四方は川で囲まれています。町の中心
部に市庁舎もあります。歩いて小さな町を散
策しました。
夜は、独日協会キール主宰のパーティが開催
されました。
キールはとにかくセンスがいい。テーブルの
上の飾りも、バラの花が一人ひとりのナプキ
ンに添えてあります。
どの里親宅もハイセンスでびっくり!!。
受入れ合唱団はCHOR KRONSHAGEN
そして独日協会Schleswig-Holstein。 身振り、
手振りを入れた歌などもあり、結構迫力が
ありました。
Kiel8:21発でハノーファに向います。駅には里
親が見送りに来てくれました。里親たちはハン
カチやスカーフを振って見えなくなるまで手を
振っていました。

 

 Hannover(ハノーファー)

 

   ハノーファー駅で里親が迎えに来ていました。

 

 駅前でバスに荷物を預け、ハノーファー新市庁舎を訪問しました。

歴史を感じさせる貫禄十分のハノーファー新
市庁舎。 我々を歓迎するために、日の丸の
国旗が掲揚されていました。
お土産を渡し、Bernd Strauch 市長から挨拶
がありました。おいしいクッキーが出たので、
このクッキーをお土産にしたいと思いました。
市議会の会場に入って、市の歴史などのお話
を聞きました。

 

 Bremen(ブレーメン)観光

ブレーメンはドイツの北部、ヴェーザー川
沿いにあります。ブレーメン観光はあいにくの
雨模様となりました。
ブレーメン駅前で傘をさしながら出かけました。 市庁舎周辺にはマッチ箱のような可愛らしい
建物がところ狭しと建っています。買い物時
間も少なくなってきました。
夜のパーティは古いレストランで開催されま
した。練習会場もこのレストランに隣接して
いるそうです。
二宮夫人が誕生日だったため、
Zum Geburtstag viel Glück! を歌ってお祝
いをしました。
ニーダーザクセン男声合唱団の力強い男声合
唱。 人数の割にはすごい声量がありました。

 パーティには姉妹合唱団 Inter Nezzo(混声)も参加。

 

 WM-Bach(ヴァルトミッヘル・バッハ)

Weinheim駅に到着。ここでも里親が駅で待っ
ていました。
荷物を里親の車に積んで、Hermanshof庭園
を徒歩観光しました。庭園の中で、軽食パー
ティが始まりました。
町の中には坂も結構ありました。ここも綺麗
な街並みが続きます。
立ち寄った市民開放の市庁舎で市長さんが
現れ我々を歓迎してくれ、一緒に2曲唱和し
ました。
観光が済んで、一同、里親の車に分乗して
バルトミッヘルバッハへ向いました。途中、山
の中に小さな集落が出てきました。その一つ
がWM-バッハです。
パーティは町に一つしかない綺麗なホテル
Birkenhof」で開催されました。Zeyen夫妻もこ
こに宿泊しました。MGV.Union1873は、若い
方からお年よりまでみんなで歌っています。
合同で、「さくら」「野バラ」などを歌いました。
リンブルグからZeyen夫妻が来ていました。
車に自転車2台付けて、これから2人で1ヶ月
間フランスに休暇旅行に行くとのこと。
ヴァルトミッヘルバッハを発つ朝、里親と一緒
に全員集合。北澤夫妻はさらに旅行を続ける
ためここでお別れ。ドイツ語でのあいさつも、途
中から英語に・・・・。

 

         フランクフルト空港で、ニーダーヴェルシュタットの熱烈な歓迎を受けました。

          空港前の駐車場に屋台が出て、ビール、ワイン、サンドイッチ、ソーセージ、ケーキなどがたくさん並んでいました。

          2006年5月の、アンサンブル・レオーネの演奏旅行の時のあの感動を、再び思い起こしました。 

          ニーダーヴェルシュタットは10月2日に来日します。       

              

 

 

                     

                                    みなさん、おつかれ様でした。

 

 

                          

                    そして、・・・ 帰りの機内も話題となった・・・・・              

                



HOME


Ads by TOK2