ドイツ旅行日記・9/29(ヴァルトミッヘル・ヴァッハ)


  平成19年9月29日(土)、朝、6時頃目が覚めました。荷物をまとめて、7時30分から庭に面した

    テラスで朝食をとりました。 Grapowが、 “2日では短すぎる・・・” と言いました。 

    外は薄暗く雨でした。

     “今日は1日、雨だろう。 Today is hopeless!”  両手を広げて、がっかりしたジェスチャーで、再びつぶやきました。

    ドイツ人は表情が豊かだ。 自分の感情を素直に表現する。

    8時10分頃、Gerbesの運転する赤いBMWに乗ってハノーファ駅に向いました。

    駅の売店でGerbesが、日経新聞を買ってくれました。 新聞に貼ってある値段を見ると、4.5ユーロー(約800円)でした。

    ホームでGrapowとGerbesに別れを告げる。 お互いに肩を抱いてほほを寄せ合った。

    日本にはない習慣ですが、里親と分かれるたびに繰り返していて、だんだん慣れてきたような気もする。

ハノーファー駅に、里親たちがたくさん見送りに
来てくれました。
Gerbesが、4.5ユーローの日経新聞を買ってくれ
た。

                          

    ↑ここはフランクフルト駅の喫煙所。こんな場所はすぐ見つけてしまう3人。        ↑フランクフルト駅でICEを乗り換えました。             

   12時15分、Weinheimに到着。 晩秋の雰囲気が漂うHermanshof庭園を散策しました。

     庭園の中にテーブルが出されていて、野外のピクニックのような気分でビール、パン、ソーセージなどをいただきました。

     今まで訪れた中で紅葉が最も綺麗でした。葉の色は黄色で、これから10月にかけて赤くなるとのことでした。

Weinheim駅で里親の出迎えを受けました。 晩秋の雰囲気が漂う静かな街です。 Hermanshof庭園を散策している途中でビール
で乾杯。軽食をとりました。
小笠原氏のかつての里親が織山氏の里親に
なりました。
公園にいた子供。 顔に落書き?が
してあって ・・・ 可愛らしい坊やでした。
赤や黄色の花がびっしり咲いていました。
Hermanshof庭園をゆっくりと散策しました。 こんな太い木があって、合計7名分の太さ
です。
なんとなく静かな街並です。立派なApotheke
(薬屋さん)の前を通っていきました。

 

  我々の里親は建築業を営むEmig Gunther 。背が高く、生真面目そうな方だった。 黄色い9人乗りのミニバスを持っていて、

   3家族を、それぞれの里親の家まで連れて行ってくれました。

    ← 里親宅に向う途中で車を降りて景色を楽しみました

    家にはルーミーというテリヤ系の小型犬がいて、愛嬌を振りまきました。 

    テラスハウスには、たくさんの人形がぶら下がっていて、巨大なサボテンが天井まで伸びていました。

   部屋に入ると、ログハウスのようなつくりになっていて、装飾品はどれも綺麗で素晴らしいものばかりでした。

   テラスも家も、壁に下げられた木彫りの時計や装飾品も、みな、ご主人のGuntherさんの手作りだと、奥様のMargitが話しました。

               ← Guntherと奥様のMargitと一緒にテラスハウスで

     仕事で家やテラスを作るだけでなく、芸術的なセンスも持っている方なんだな・・・・ と感心しました。

    台所の壁には大小のスプーン、フォークなどが綺麗にぎっしりとぶら下げられていて、見ているだけでも飽きませんでした。

Guntherさんの家。庭の方から見たところです。 食事をする居間も、木の温かみを感じさせる
部屋でした。
Guntherさんの手作りの壁掛け、キャンドル
などの装飾品の数々。
台所の壁に並ぶ調味料。大小のスプーンや
フォークも綺麗に下げられています。
テラスの中で。消防士の息子もやってきまし
た。 ドイツ語以外はほとんど分からないとか。
ルーミーはボールや円盤を投げてもらうと、
全速力で走って行って、くわえてきます。

 

  19時頃からパーティが始まりました。

  パーティには小さな子供から、青年、中年、老年、・・・・と、全ての世代が集まり、皆でにぎやかに食事をしました。

 若い人が多いせいか、歌は力強く、また、よく響いて、ハーモニーがとても綺麗でした。

 パーティ会場には、リンブルグのZeyen夫妻も来ていて、半年振りの再会となりました。

  Zeyen夫妻には、娘が弾いているピアノのDVDを渡しました。 

 翌日のZeyen話では、車のCDで音楽だけ聴くことができた・・・・とか。

 22時頃にパーティは終わり、それぞれの里親宅に戻りました。

村に一つしかないホテル、Birkenhofでパーテ
ィが始まりました。Zeyen夫妻は今日、ここに
宿泊するとのことでした。
例によって、お土産品の贈呈などが行われ
ました。
MGV.Union 1873 の声は力があって、
迫力がありました。また、ハーモニーも綺麗
でした。
           
演奏旅行の最後のパーティとなりましたが、
夜遅くまで歌の交歓が続けられました。
最後は、合同でさくら、菩提樹などを歌いま
した。
 

  家についた後、Guntherさんが、もう少し飲みますか・・・ と聞いてきましたが、明日の荷物のまとめがあるので ・・・・ 

       と断って、部屋に戻りました。

        階段の踊り場のところに、ミネラルウオーターとコップが置かれていました。 

       奥様のMargit が置いてくれたのだと思いました。

 



HOME


Ads by TOK2