平成20年の初練習が始まる


                                                       

    平成20年1月5日(土)午後2時40分から、唐沢先生の指揮で本年の初練習が始まりました。

   今日の練習は、まずは演奏会第一ステージステージ用楽譜(黄色)に沿って、「からたちの花」 「ふるさと」 「梢」 「四季のうた」 

  「オーラリー」 「もずが枯れ木で」まで、通して練習しました。

   ざっと歌ってみて気がついたことは、覚えているはずの歌でも、結構忘れているということでした。 また、音とりの不確かなところ

  が、あちこちにあった・・・ ということです。

   以前歌った歌だからと過信していては危ない・・・・ とあらためて思いました。

  そのあと、JORDAN会で歌う「自由の歌」の練習をしました。旋律は聴いていましたが、自分のパートを歌うのは初めてでした。

   なかなか軽快な、元気のいい歌です。

                               ← 休憩時間に連絡事項を話す団長

   

     後半は二宮さんの指揮で、ドイツ歌曲の練習をしました。

     振り付けもあり、2年前のドイツ演奏旅行記念演奏会では暗譜をしました。

     今回もほとんど同じ内容なので暗譜が必要ですが、まだまだ練習が必要な状況です。 (Y.I 記)

 

       ← ドイツ語の歌を歌う 

   

                        ← ole、ole、・・・ には手拍子があり、楽譜は持てません 

   

   演奏会はあと3ヶ月ちょっとに迫っています。 演奏会に照準を合わせ、少しづつ調子を上げていきたいものです。

 

   練習後は、台湾へ行ってのどを潤しました。

    「台湾」には、演奏会のプログラムに広告を掲載していただく予定です。

 

               ← いつも明るいママさんと一緒に                   

                 

                        

                           



HOME


Ads by TOK2