目  次    

 はじめに     DL 

 第一部 芥川文学の表現形式──「傀儡師」としての芸術家

  一 語りの〈場〉の設定     DL     
    「酒虫」「開化の殺人」「文放古」ほか。「芸術その他」。

  二 典拠を持つ題材の作品化     DL 
    「骨董窯」「文芸鑑賞講座」「私と創作」ほか。

  三 題材を生かす語彙と文体     DL     
    「奉教人の死」「きりしとほろ上人伝」「伝吉の敵打ち」ほか。「蜜柑」。

  四 初期・中期作品の構成方法     DL
    「『昔』」。「或日の大石内蔵之助」「奉教人の死」「地獄変」「藪の中」。
 
  五 作風の転換点──大正八年と大正十二年     DL
    「侏儒の言葉」。「路上」「あの頃の自分の事」「私の出遇つた事」。「子供の病気」、〈保吉もの〉。

  六 初期芥川文学の特色     DL
    

 第二部 芥川晩年の芸術観──「詩的精神」を探求する芸術家

  一 文学者と社会意識     DL     
    「文芸一般論」「『私』小説論小見」ほか。

    二 「詩的精神」と自己否定     DL
    「『私』小説論小見」「侏儒の言葉」「文芸的な、余りに文芸的な」「小説作法十則」「文芸雑談」ほか。 

    三 「『話』らしい話のない小説」の実践     DL
    「海のほとり」「死後」「年末の一日」「悠々荘」「蜃気楼」。

    四 「ジヤアナリズム」を生かす実践     DL
    〈保吉もの〉、「大導寺信輔の半生」。「河童」。

    五 「歯車」──極限の文学     DL
    「誘惑」「浅草公園」。「歯車」。

 おわりに     DL
    
 
                                                   →ホームへ
 
 
 

Ads by TOK2