1 )

 

0. 二つの要因two facters

 1. 景気後退

 2. 消費増税

 3. デフレ

 4. TPP

 5.. 内閣府の狂った羅針盤

. 再生 

7.こうなるくらべ

 

8.

9. 核

10.それでも私は小沢一郎断固支持する

11. 東電が見落とした新たな危険

 

 

 

 

 

...消費増税法案の成立が

3党合意(自民・公明・民主)された日....

 

いったいなぜ、

民主党は

民意から

大きくかけ離れた

政治を

おこなうようになった

のでしょうか?

 

 いつから

民主党は

変質して
しまったのでしょうか。

 

日本を

亡国の道へ

とひきずりこんだのは

誰なのか、

 

 

 

景気後退時の増税

景気悪化を招き、

税収減をもたらす。

 

消費増税で日本経済は破綻........。

 

緊縮財政(増税)で破綻した

アルゼンチンとギリシヤ.................。

 

 

欧州各国は今積極的な財政政策(減税)に

方向転換!

 

IMFも(増税取りやめ)緊縮財政の政策の見直しへ

 

........日本の現状はバランスシート不況.....

 

消費増税で

GDPも

税収も

減少する......

 

わが国の債務(借金)は

おおげさに(過大に)公表されている.......

 

財務省は

国債の債務不履行(デフォルト)

のおそれについても懸念して

「消費税を 上げないと日本はギリシャのように財政破綻する」

と、いたずらに不安を煽る。

  が、その懸念もおそれるほどではありません。
  マーケットが

その国の国債の信用度を判断する基準となっている、

国債の債務不履 行が起きた場合の保険、

CDS(クレジットーデフォルトースワップ)

の保険料(掛 け率)を見れば

一目瞭然です。

ギリシャは信用がないため100%。

日本はわずか I・2%、

米国、英国と並び世界でもっとも保険料が低く、

もっとも信用のある国債なのです。

日本は貿易収支も所得収支も

長期的な累積黒字国であるとともに、

260兆円という

世界一の対外純債権国でもあり、

国債の95%は

日本国民が保有しています。

外国人の大量売却により

債権が暴落し

金利が高騰するリスクはありません。
 

最近、海外から日本国債の購入が増えてきていますが、

これも日本国債の信用度が
高いからです。

 

現在の異常な円高も、

日本の信用が高いことから

海外から日本に

巨額の資金が流人していることが

大きな原因です。
 

もし、本当に日本が財政破綻する危険があるなら、

日本の国債や円を買う人がいるでしょうか?

 

 数年でギリシャと同じになるなら、