椿屋2階の百姓夜話シリーズ
栃木の百姓 田島さんが来たよ!
ー田島さんの日+中屋さんー














 リュックにこの日の朝搗いたばかりの新米の餅と、自分とこの小麦からひいた粉(ズッシリと5,6貫はあるだろうと思われる)を背負って、田島さんが栃木から千住の椿屋に。

 ホントは何か司会進行みたいなことを椿屋はやらなければいけないのだけど、椿屋は何もしない。ただ、ささやかな料理と酒を出すだけで、たった16席の小さな店に、百姓が気分よく座っている(かな?)。
 そこに、やはり栃木の百姓中屋さんが、自分の畑の菜心と人参とにんにくと玉葱とを持って椿屋2階に来た。さらに、それを(中屋さんが)料理して、みんなにふるまう。これで話が一気に盛り上がる・・・。

 こんな日はめったにない。百姓がしゃべる。椿屋2階にいる他のお客さんも楽しそうにしゃべる・・・。

 ホントは、椿屋のそばには、カラオケつきの素敵なラブホテルもあるのだから(私は行ったことはないが・・・)、田島さんも中屋さんもご夫婦で来て泊まっていってほしいのだけど、一人で来てしまって、カアチャンが恐いので、東武線の最終電車で帰るというので、9時にはいなくなった!

 「百姓夜話」シリーズは、これからもまだやるので、今度は是非ご夫婦で。
 酔って、食べて、有機農業の話などどうでもいいから百姓のくらしを・・・もっと見てみたい!!
 
 またやるよ。

 


トップページ    1階八百屋   2階レストラン    おいしいお酒あります
 

椿屋通信「こんなこと・・・」     麦のストロー 報告.1
 

炭焼きに行って来ました
 

お知らせ(今月の予定)
 

ポラン広場のホームページへ
 

関連リンク集
 

掲示板
 



Ads by TOK2